2018年4月8日日曜日

【お知らせ】4月21日(土)学習会「野田市民発、チェルノブイリ法野田版を制定しようーー放射能災害から命 健康 暮らしを守る為に--」

以下の学習会、予定通り、開催されました。その報告は->こちら

4月21日(土)千葉県野田市で、チェルノブイリ法日本版の学習会のお知らせ

昨年月、三重県伊勢市のお母さんが、全国の市民に向けて、「チェルノブイリ法日本版の条例制定を一緒にやりませんか」という呼びかけをしました。日本各地の市民がこの呼びかけに賛同し、国際基準に基づき避難の権利を保障したチェルノブイり法をモデルとして、市民の手で法律を制定しようと、≪市民が育てる「チェルノブイリ法日本版」の会≫が結成されました。

原発を稼働する限りいつか必ず原発事故は起きます。現に、東海原発から野田市はたった80Kmしか離れていません。二度とこの悲劇を子供たちに被らせないために、そして、原発事故による被ばくから命、健康、暮らしを守る最低限のセーフテイネットとして、チェルノブイリ法野田版を野田市民の手で作り育て上げていきませんか。制定までのロードマップを情報公開法制定の経験をモデルに解説してもらいます。

 そのあと、質疑応答も含めて、皆さんとあれこれ忌憚のない意見交換をしたいと思います。
ご多忙とは思いますが、まずは、お誘い合わせて足を運んでください。お待ちしています。
                                             (以下のチラシより)
講師   柳原敏夫さん(弁護士)
日時   2018年4月21日() 13;30~16;00

会場   野田市 南部梅郷公民館 講堂   
              東武アーバンパークライン梅郷駅西口から徒歩6分  地図->こちら
参加費 300円
主催 (仮称)野田市民発「チェルノブイリ法野田版条例制定」結成集会準備会

問い合わせ 080-3219-5855 (三ッ橋)
   チラシのPDF->表面  裏面

0 件のコメント:

コメントを投稿

【報告】8月11日市民立法チェルノブイリ法日本版の学習会「NOでは足りない--3.11・ショックに対処する方法:もう1つの『あべこべ』は可能だ--」(さいたま市浦和区)

8月11日、さいたま市浦和区で、市民立法「チェルノブイリ法日本版」の学習会「 NO では足りない--3.11・ショックに対処する方法:もう1つの『あべこべ 』 は可能だ-- 」をやりました。 日時:2018年8月11日(土)13時30分~ 会場:埼玉県さいたま市...