2018年5月14日月曜日

【参考】5月2日「311は何だったのか?――福島の犯罪と命の救済・チェルノブイリ法日本版の制定――」

犯罪という猛烈な執念に対抗する術として、証言することへの執念のほか、この世に何があるだろうか。                          
            アルベール・カミュ「正義と犯罪」(チェルトコフ「チェルノブイリの犯罪」(上)21頁より)

 ****************

5月2日、柳原敏夫が、埼玉県の私立大学で、経済学部学生向けに以下の題名で講義をしました。
福島の運命とは?  311は何だったのか?――福島の犯罪と命の救済・チェルノブイリ法日本版の制定――

以下、その動画とプレゼン資料です。
プレゼン資料->こちら

参考:以下の講義中に上映した映像
 16分50秒~:「真実はどこに?」の冒頭シーン->こちら 
  29分20秒~ :2011年6月、ふくしま集団疎開裁判申立の報道ニュース(NEWS23)->こちら



0 件のコメント:

コメントを投稿

【報告】8月11日市民立法チェルノブイリ法日本版の学習会「NOでは足りない--3.11・ショックに対処する方法:もう1つの『あべこべ』は可能だ--」(さいたま市浦和区)

8月11日、さいたま市浦和区で、市民立法「チェルノブイリ法日本版」の学習会「 NO では足りない--3.11・ショックに対処する方法:もう1つの『あべこべ 』 は可能だ-- 」をやりました。 日時:2018年8月11日(土)13時30分~ 会場:埼玉県さいたま市...